平成29年の4月に、『保育士等キャリアアップ研修』とそのガイドラインが、厚生労働省で定められました。この制度は、保育士の処遇改善と、専門性の向上を目指しています。

<内容>

1・園長、主任保育士、保育士が園内の役職に加え、『副主任保育士』『専門リーダー』『職務分野別リーダー』等、新たに役職を設けることになりました。

2・これまで、保育の資質向上のための研修は、それぞれの自治体や保育団体、園や保育士個人が独自に行っていました。今回の制度で、保育士のキャリアアップの道筋と、研修実施について、制度上で明確にされました。保育士等キャリアアップ研修の実施主体は、各都道府県となっております。

研修受講の要件

1・ミドルリーダー
  • 経験年数概ね7年以上
  • 職務分野別リーダーを経験
  • マネジメント+3つ以上の分野の研修を修了
  • 副主任保育士としての発令
2・専門リーダー
  • 経験年数概ね7年以上
  • 職務分野別リーダーを経験
  • 4つ以上の分野の研修を修了
  • 専門リーダーとしての発令
3・職務分野別リーダー
  • 経験年数概ね3年以上
  • 担当する職務分野研修を修了
  • 終了した研修分野に係る職務分野別リーダーとしての発令

<研修分野>

1.乳児保育 2.幼児教育 3.障害児保育 4.食育・アレルギー
5.保健衛生・安全対策 6.保護者支援・子育て支援 7.保育実践 8.マネジメント

副主任保育士と専門リーダーはそれぞれ、この中から要件を満たすものを受講します。

4つの分野の受講が必須となります。

1分野につき、15時間以上の研修受講が必要です。

<研修受講後の修了証>

沖縄県より発行された修了証は、他の都道府県においても効力を有します。

それぞれの研修に関しましては、研修案内ページをご覧ください。

アクセスカウンター
アクセスカウンター

お気軽にお問い合わせください。098-975-5969受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。